ハリネズミの栄養基礎とオススメのフード

ハリネズミは雑食です。そのため肉も食べます。しかし非常に偏食であるため嫌いなものは絶対に食べません。昔はフェレットフードしか売ってなかったのでハリネズミの餌に悩まされましたが、最近は専用フードが増えて選択の幅が増えてきました。

ハリネズミは突然これまで食べていたフードを食べなくなることがあります。そういった場合に備えて必要な栄養素を知っておけば代替フードを探すヒントになります。例えばおやつ用として猫用の餌で食べられるものがないか探せるようになります。

ハリネズミに必要な栄養素

項目要求量
タンパク質30〜50%
脂質10〜20%
繊維質15%前後

重要なのはタンパク質と脂質の量です。タンパク質は必要な身体を作る栄養源なのでなるべく多く摂らせるようにします。脂質は健康に関わるので多くないものを、しかし最低限は摂らせる必要があります。ハリネズミ専用フードはこの必要な栄養素が摂れるように様々な食物をブレンドして調整されています。

タンパク質

筋肉、皮膚、骨、毛や爪、そして臓器など身体を構成するために重要な栄養素です。幼少時にタンパク質が不足すると小さな個体になってしまう恐れがあります。健康に直結するため十分なタンパク質を与えましょう。

脂質

効率の良いエネルギー源です。身体を維持するために必要であり、運動する際にも消費します。脂質が足りない場合は、不足した分をタンパク質から消費するので十分なタンパク質を与える必要があります。脂質という名の通り摂りすぎた場合は肥満の原因になるため注意が必要です。運動をあまりしない環境や個体の場合は脂質を抑えめの栄養バランスへ調整する必要があります。

おやつ(副食)で栄養を補う

副食の詳細は別記事で紹介しますがペットフードだけだと健康を維持するのは難しいでしょう。栄養面をみればペットフードだけ与えていれば飼うことは可能ですが、永く暮らす間に歯のトラブルや肥満の問題が出てきます。虫歯予防に昆虫を与えたり肥満防止にささみを与えるなどの機会が増えてきます。特に昆虫系はハリネズミのテンションがとても上がるので気分転換としても有効です。

オススメのハリネズミフード

紹介するフードは実際に我が家で3〜5年以上に渡り与えてきたハリネズミフードです。食べ続けた結果、寿命が5年、そして6年経過しても生きている個体もいます。

  • 通販で簡単確実に入手できる
  • それなりに安価である

上記条件にも当てはまりますのでフード選びに迷っていたら検討してみてください。固形タイプとふやかしタイプの2種類をご紹介します。歯のトラブルに合わせて切り替えることができます。

【固形】SANKO F25 ハリネズミフード

SANKOさんが販売しているハリネズミ専用フードです。値段は300gに対し約800円程度です。300gで1000円を超えるフードが多い中で手軽に購入できます。

タンパク質を基に、昆虫の外骨格成分である動物性繊維質(キチン質)を配合し、昆虫食傾向が強いハリネズミの為の栄養を備えたフードになります。

フェレットやキャットフードのように硬すぎず小ぶりな粒なので歯にも安心して与えられます。ふやかして与えることも可能ですが長時間経つとペースト状になってカチカチに固まります。

人の手で砕きやすいため、赤ちゃんが産まれた際には砕いて与えることが可能です。

栄養素
粗タンパク質30.0%以上
粗脂肪10.0%以上
粗繊維9.0%以下
粗灰分7.0%以下
水分8.0%以下
カルシウム1.5%以上
リン1.0%以上
ビタミンA20000 IU/kg
ビタミンD31500 IU/kg
100gあたり

原材料:
国産鶏肉、国産魚粉、大麦全粒粉、玄米、ビール酵母、コプラフレーク、サツマイモ、ホエイタンパク、昆虫粉(コオロギ、ミルワーム)、バナナ果肉、豚レバー、ヒマワリオイル、リンゴ果肉、ココナッツミルク、全卵、ニンジン、コーングルテンミール、小麦、アーモンド、デンプン、キチン、カルシウム、ゴマ、シナモン、ナツメグ、第二リン酸カルシウム、L-リジン、DL-メチオニン、乳酸菌群、ビタミン類(A.D3.E.K.B群.K3.C)、パントテン酸、ニコチン酸、ビオチン、葉酸、コリン、硫酸鉄、硫酸銅、硫酸コバルト、硫酸亜鉛、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、ヨウ化カリウム、セレンナトリウム

【ふやかし】ヒカリ (Hikari) ハリネズ

キョーリンさんが販売しているふやかすタイプのフードです。メインは魚の方の餌を作っているようですがハリネズミフードを出しています。少し前までふやかす専用フードがなかったので既存のフードをお湯で溶かしたりミルクを与えるなどでしのいできましたが、このフードを見つけてから毎日与えています。

このフードの最大の特徴は、ふやかしてもフードが形を保っていること。他の普通のフードをふやかすとドロドロになるのでびっくりです。ふやかしてみると解るのですがもちもちした感触になります。ふやかす速度も2分ほどで完了するためケージの掃除をしている間にふやかしが完了します。少し早めに出しても食べてる途中に丁度いい具合にふやふやになっていきます。

乳酸菌が入っており糞の臭いを抑えるとありますが、鼻が馴れてしまったため効果はわかりませんでした。

栄養素
粗タンパク質30.0%以上
粗脂肪5.0%以上
粗繊維10.0%以下
粗灰分7.0%以下
水分10.0%以下
カルシウム8%以上
リン0.5%以上
100gあたり

原材料:
ミルワームミール、アップルミール、おから粕、小麦粉、でんぷん類、、大豆タンパク質、シルクワームミール、海藻粉末、生菌剤、洋ナシ, ストロベリー, マンゴー, ライチ, キウイ, ブルーベリー, クランベリー, ラズベリー、ビタミン類(塩化コリン,E,C,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン)、ミネラル類(Ca,P,Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする